JHMA認定ホスピタリティ・コーディネータ
株式会社メープルフードサービス
岩渕 康浩

先だって4月24日(土)東京中野の日本ホテルスクールにて行われた「ブラッシュアップセミナー」に参加いたしました。日本ホスピタリティ教育機構主催の今回の集まりに30名ほどのホスピタリティ・コーディネータが全国から集まり、研鑽にはげみました。
講演や研修に一定の品質を担保するため、将来的にHCの上位資格を設け、協会から講師を依頼する場合の条件とさせて頂くことを検討しています。この研修を3回出席することで、その上位資格試験の受験条件になる予定だそうです。まず、山口理事長からご挨拶があり、そのあと当協会使用テキストのエッセンスやポイントその意味などホスピタリティ教育・講義の進め方等について服部先生からお話を戴きました。

(1)3名のHC講師がホスピタリティに纏わる現場の生の声を発信していただきました。
・水岡千尋氏「エンターテイメント&リゾートのホスピタリティ」
・吉澤みやこ氏「ホテルのホスピタリティ」
名古屋東急ホテルCS推進室
・渋谷行秀氏「ミステリーショッピングリサーチのホスピタリティ」
MS&コンサルティング 常務執行役員
どの方もホスピタリティに密接にかかわるお話を楽しく御講演いただきました。

(2)日常の「ホスピタリティ」についての棚卸しができ、 HCの方々との議論を重ねることにより、見識を深められ、またHCとしての活動を共有し、自身の今後の活動のヒントを得ることができました。
・6名1グループに分かれ、活発な意見交換や気づきの共有を行うことが出来た。
・小グループだからこそ、お互いに自分の置かれた立場や境遇を発信することが出来た。
・講師が一方的に話す従来型ではなく、相互発信、相互傾聴など全員参加型のセミナー
⇒まさにホスピタリティの根幹である大事な部分だと思いました。

正午から始まった今回のセミナーも午後5時過ぎにいったん閉会し、近くの中華料理店で懇親会を行いました。お酒を注ぎ注がれしながら広がった人脈は、私自身にとって今後のビジネスにも活かせる貴重な機会となりました。次回は7月24日(土)、東條先生にお願いして学校法人トラベルジャーナル学園
ホスピタリティ ツーリズム専門学校にて開催いたします。
ますます多くのホスピタリティ・コーディネータの方々と懇親を深めながら、また発信者としての自覚や気づきを手に入れることもできる『ブラッシュアップセミナー』が更なる進化、発展を遂げるためにも、全国各地の多くのホスピタリティ・コーディネータが挙って参加して、その輪がますます広げてゆけるといいですよね!!楽しみにしています。