JHMA理事 内田 純

酷暑の夏ではありましたが、舞浜に吹く潮風は木々の葉を揺らし、訪れる人々を爽やかに迎えてくれました。「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」は喜びのオーラ溢れるディズニーリゾートの一角にあり、開演を待つ人々が自然な笑顔を浮かべると同時に、これから始まるエンターテイメントの最高峰・東京でしか観ることのできない「ゼッド」への期待感から気持ちが自然に高揚してまいります。

場内は上質な劇場空間と壮大な舞台装置を備え、二人の道化師が生み出す小さな笑いが、いつしか驚嘆・感動・幻想とサーカスの概念を覆す、未知の美しさの感動に溢れ、あらゆる賞賛に相応しいトップアスリートたちの限界を超えた身体パフォーマンスと全編にあふれる力強いヴォーカルと生演奏が融合した、まさに観客の五感に圧倒的に迫ってきました。

特に力強く柔軟性に富んだ男女二人のアーティストが、天と地が出会う、その瞬間の表現を肉体のみで(集中力と完璧なバランス感覚)脅威のポジションを取り、その一挙一動に観客は固唾を呑み、魅了されました。
また、頭上をアーティストが舞い、その息遣いが聞こえてくるフロント席の素晴らしい席であり、ホスピタリティを具現化する我々にとって心のエネルギーにつながる素敵な感動を味わう事ができました。

その後、参加者は懇親会会場であるイクスピアリ「郷ゐのこ」へ移動し、レストラン事業部大野部長と料理長のご挨拶を頂戴し、和食のコンセプトで千葉県の銘柄豚「東の匠豚しゃぶしゃぶ」がメインのコースをこだわりの焼酎・日本酒で心行くまで楽しみました。ゼッドの余韻覚めやらず、参加者の皆様の気分も高揚し、今後の協会の発展を誓い合いました。
夏の終わりに自分へのちょっと素敵なプレゼントになりました。今回の企画は(株)イクスピアリ営業監理部 食の安全推進課 金澤元児課長に大変お世話になりました。
今後とも会員の皆様に喜んでいただけるサロン企画を実行してまいりますので、ご参加の程、宜しくお願いいたします。

ホスピタリティ納涼サロン