場 所/明治記念館
講 師/(株)オータ・パブリケーションズ 取締役経営調査室長 村上 実 氏

明治神宮・菖蒲園の花菖蒲がその艶やかな姿を咲き誇る時を迎えた6月15日(金)夕刻より、JHMA定期総会・基調講演会・懇親会がお客様の多数参加の元、にぎやかに執り行われました。
定期総会では昨年度の活動報告・収支報告、本年度の活動計画・予算、人員体制が満場一致で承認され、会員相互に協会活動に協力し合いながら本年度の躍進を誓い合いました。
その後の「基調講演会」では、177名のお客様が来場され、ご講演者である村上実氏の30年以上に及ぶホテルジャーナリスト経験と、国内外5000軒以上のホテル取材体験から得た鋭い感性と視点で「リッツ・カールトンの秘密」そして、「心からのおもてなしができるホテルとは~」をご講和いただきました。
凛とした空気が会場全体に流れ、ペンを走らせながら真剣に聞き入るお客様の姿も多く、村上氏の洗練された話術と知識を学ぶことができ、大変有意義な時間となりました。
懇親会の頃には、「末広の間」に面した明治記念館の自慢の庭に「かがり火」が焚かれ、
リビアよりご公務で帰国されたばかりの柿澤弘治理事長のご挨拶後、2日後にお誕生日を迎えられる村上氏のお祝いも兼ね、高橋常任理事がお手配下さった『レッドシャンパン』が参加者に振る舞われ、佐田専務理事の乾杯の発声で開宴となりました。
新たに認定されたHC8期生・9期生の皆様の自己紹介、来賓のご紹介、村上氏がお手配下さった『佐賀県・有明海苔パフォーマンス』もあり、とても楽しい時間が流れる中、柿澤理事長にご教示いただいた「正調江戸3本締め」でキリッと中締めとなり、今後の協会運営に明るい一条の光が見え、参加者全員が素敵な笑顔を浮かべた初夏の1日でした。

常任理事 内田 純

JHMA 総会基調講演会