一般社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト

(金認証)

一般社団法人 ニッポンおふろ元気プロジェクト 様
(第5回おふろ甲子園 ファイナリスト5施設)

「おふろ甲子園」とは、「おふろ業界から日本を元気に!」という想いを持つ全国の同志により開催される、温浴業界に働く人が最高に輝ける場を提供する大会です。全国からエントリーされた温浴施設のうち、ミステリーショッパー(覆面調査員)による審査を経て、接客サービスが素晴らしいと評価された優秀店舗が決勝大会に集結します。
ステージで自店の想いや取組みを発表して、日本一の店舗を決定し、温浴業界で働いている人が夢や誇りを持てる大会にすることを目指しています。

今回、「おふろ甲子園」ファイナリストの5施設が★(金認証)にチャレンジし、見事取得をされました。認証取得の目的、認定されるまでの背景について、一般社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクトの理事・久下沼様にお話をお聞きしました。

事業所URL https://ofurokoshien.com/

(取材協力:一般社団法人 ニッポンおふろ元気プロジェクト 理事 久下沼伊織 様)

 金認証を目指した理由は?

おふろ甲子園の準決勝審査は、理事による店舗でのヒアリングがメインとなります。審査する項目は多岐に渡るのですが、各店で取り組んでいる内容の違いなどもあり、横並びに定量評価しにくい難しさもありました。より客観的な目線で、第三者機関による評価指標を取り入れたいと考え、おもてなし規格認証制度の導入を決めました。評価軸が、CS・ES・業務改善の取り組みなどで、おふろ甲子園で審査している項目と一致していました。準決勝に進出する実力のある店舗は、それぞれ素晴らしい取り組みをおこなっている店舗ばかりでしたので、こういった公的な外部評価で、自店舗の取り組みが認められるのは、自信とモチベーションにつながると感じました。

 認証を目指す中で、心がけていたことはありますか?

各店で当たり前と思って取り組んでいることが、実は他から見たら優秀な取り組みであるというのは、当事者は意外と気づいていないものです。ひとつひとつの項目を審査していく中で、いかにその取り組みが素晴らしいことかというのを積極的にお伝えしました。取り組みが認められることで、より自信をもって遂行、また発展させていける機会になるようにいたしました。

 今後に向けて一言!

今回のおふろ甲子園では、「具体的な成功事例の共有」で、観覧した皆さんに学びと気づきを得る機会を創出することが大きなテーマでした。その審査過程において、考え方や評価軸が一致した「おもてなし規格認証」制度を導入し、この審査が各店において自店舗の取り組みを棚卸しするきっかけになったことは非常に有意義であったと感じています。金認証の称号に恥じぬおもてなしをこれからも多くの方にお届けできるよう、温浴業界全体で更なるレベルアップに取り組んで参ります。

今後も認証を取得された事業所の方のお声をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。